良い住宅営業とは<施主側から「こういう住宅営業してください」>

私は以前住宅メーカーの決め手として、一つ営業担当者をあげました。(逆に私の場合は諦めましたが…詳細はこちらの記事で)
しかし多くの方が住宅メーカーの大きな決め手にします。

私はたくさんの住宅メーカーの営業担当者さんと話をして、一人とても良かった営業担当者さんと会いました。(ぶっちゃけると住宅メーカー桧屋住宅の営業の方です。)
それと驚いたことは、住宅業界のビジネスマナーの低さです。
結局はすごく良いとは言えない営業担当者さんのところで決めましたが、
せっかくなので、施主であるお客さん側から、何をもって良い営業担当と判断したのか話していこうと思います。

住宅業界の営業さんは参考にしていただきたいのと、
これから住宅購入を検討されている一般人の方にこんな人がいるのかと心構えをしていただければと思います。

メモを取ること

よく名前を聞くメーカーさんではやっていたと思いますが、メモを取らない方が割合的に高く、「はい、はい」と言われても、それメモ取らないで大丈夫?となりました。
桧屋住宅さんはいつも打ち合わせの最後に今日話したことのまとめをサクッと書いていただき、なおかつそれを私たちにも渡してくれます。
そのメモたちは専用のファイルに入れていき、施主側でもどのように進んでいるのか把握できます。

他社の悪口を言わない

色々な住宅メーカーさんと話して考えていると伝えると、大抵どこと選んでいるのか・その会社はこうなっているからやめた方がいいと言ってきます。
とても親切心から言われているとは思えなく、逆に悪口を言うメーカーさんを信じられなくなってしまうのでやめていただきたいです。

スポンサーリンク

自社製品はもちろん、住宅関係の知識を多く持っている

桧屋住宅のNさんは質問したことにその場で答えていただきました。
正直素人が質問しているレベルなので、そこまで難しいとは思いませんが、大抵の営業担当者さんは確認して次回伝えます、と言ってきます。その場で答えるなというルールがあるのかもしれませんが、確実に営業担当者さんに対する信頼度が変わります。
そもそも次回の回答にした営業さんは大抵忘れて、次回の回答がありません。

その場で決断を求めない

これからずっと暮らしていく住宅を作るのに、その場で提案されて選択することが多々あります。
しかし正直これが私にはとても信じられません。しっかり考えて決断したいのです。
契約を今月中にして欲しいという発言もよく聞きました。事情は察することはできますが、大きな決断をすぐに求められると不信感がつのってしまいます。
選択肢を提案して、検討して後日答えてください、というスタンスでいて欲しいものです。

次回何をするのか具体的に伝える

この人(お客)を引き留めたいという気持ちはわかります。しかしながら、曖昧なまま約束をして、さてこの日は一体何をするんだと思いながら行ってみると、あれこれ提案されて決断を迫られる、ということがよくあります。
通常のビジネスの流れで言えば、クライアントに約束だけ取り付けて、当日プレゼンテーションして、さあ弊社のこの商品素晴らしいだろ、決めてくれよ、と言われるということです。恐ろしいです。
次回の打ち合わせは何について話すのか、営業担当者からこんな提案をする予定でいますと説明した上で約束を取り付けて欲しいです。

施主の立場に寄り添える

できるだけ自分の希望の通るお客様が楽なのはビジネスなのでわかります。しかし大きなお金をかけて、人生の多くの時間を過ごすマイホームを作るお客様の気持ちに寄り添っていただきたいです。
施主側からしたらそんなことは当たり前だと考えてしまいますが、住宅メーカーもビジネスです。できるだけ施主側に寄り添って、できるだけみんなが幸せになれるような営業担当者がいいですよね。

スポンサーリンク

まとめ

以上伝えてきたことは、通常の仕事をしている範囲では当たり前なのですが、なぜか住宅業界ではビジネスマナーを無視されることがあるあるで済まされています。
私が経験したことがあることなので、そんなの住宅業界のあるあるじゃないと言いたい人もいるかもしれませんが、伝えたことを意識していただければ、良い営業担当者とされるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました