3月31日は超吉日、最強開運日

令和3年3月31日は最強の日です。

この日を逃すのはもったいなさすぎる!

なぜ、そこまで言うのか?

縁起が良いとされている吉日が3つも重なっているのです!

一粒万倍日

まずは一粒万倍日(読み方:いちりゅうまんばいび)です。

一粒のモミが万倍になって実るという日。

小さなことでも、大きなことでも何か始めるには最高の日です。

結婚、お店の開店、宝くじ、スキルアップのための勉強を始める、等々、なんでもいいです、始めちゃいましょう!

平均して月に3〜6回あります。

天赦日

次に、天赦日(読み方:てんしゃにち/てんしゃび)です。

天が全てをゆるす日。

日本の暦の上で最高の吉日です。

年に数回しかありません。

スポンサーリンク

寅の日

最後に寅の日です。寅の日は金運招来日とも言われています。

故事の「虎は千里を行って、千里を帰る」ということから、必ず帰ってくる日です。

旅行へ行っても無事帰ってくる、出ていったお金が戻ってくる、という考えから、旅行の出発日や財布を買ったり、宝くじを買ったりすると良いとされています。

平均して月に2、3回ありますが、

寅の日から見ると、今年の最強の寅の日は3月31日です。

ただ、寅の日に避けるとよいこととして、

元の家に戻ってしまうということで結婚、死者が戻ってきてしまうということで葬儀があります。

新たな始まりの春

しかも、春に買う財布は、お財布が張るとされ、縁起がいいですよね。

財布を新調しようとしていた人は、本気で逃してはいけない日ですよね!!

お財布だけではないですね、

一粒万倍日・天赦日・寅の日・春と、なんだか良いことしかない気分になってきませんか?

何事も考え方次第ですが、せっかく何か始めるのなら、こんな最強開運日にしてもいいのでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました