コロナ禍での住宅購入

以前から話した通り、私は家を建てようと考えています。

アパート住まいからマイホームを選んだからです。

ただ予算が低いです。

貯金は全くありません。

そんな人間がマイホームを手に入れられるのでしょうか。

当たり前ですが、マイホームは土地と建物ですよね。

ただ実際にはそれ以外に諸費用がかかってきます。

諸費用についてはまた改めて別の記事で。

コロナと土地

今回土地を探し始めて気づいたことがあります。

それは明らかにコロナ前より土地代が高くなっている

私が今住んでいて探している土地は、都心から新幹線ですぐ。

それでいてほどほどに田舎です。

そうです、都心からの移住者の方々が増えたのです。

実際ニュースにも取り上げられているほど移住者の方々が増えております。

コロナ前でも少しづつ移住者の方々が増えていました。

その方々は田舎暮らしに憧れて、という理由から交通の便が悪い山や海の近くに住われているようでした。

しかしコロナ後は都心に通勤しやすい場所を選ばれる方が多くいらっしゃるようで、

私の探している市内は高くなってしまっています。

これはお金のない私からしたら困ったものです。

廃れた街に移住者の方々が来てくださることはありがたいですが、

田舎なのにこんなに土地代かかるの!?というような状態です。

コロナと建物

今、私は住宅メーカーさんのところに話を聞きに回っているところです。

その全ての業者さんでコロナの話が出ます。

WITHコロナってやつですね。

この壁紙は除菌効果もありますよー、洗面所が玄関からすぐ行けますよー、などなどです。

もちろんどれも魅力的です。

でもコロナ前だったらそんなことも考えず建物を建てたのかなと思うと、

余計な悩み事が増えた気持ちになってしまいます。

コロナとマイホーム

コロナでいろいろなことが変わりましたよね。

まさかこんなところにも影響があったなんて。

本当に住宅購入は難しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました