社労士👹の名言

以前にも話した怒り続ける社労士の話です。

勤務時間がずれていたため、私🐷以外の事務員さんが早めに帰り、1時間👹と二人きりの時が定期的にありました。

その時間はとにかく何をするにも怒ってきた👹。

ある時、取引先から雇用について相談の電話がありました。

電話口の人がどんな話をしているかはわからないですが、

👹「それは○○○って言ってるじゃないですか!」とだんだん怒り始め、

よく直接そんなに怒れるよ、と思いながら電話は15分ほど続きました。

電話が切れた後、

👹「本当あいつバカなんだよ、なんでこんなに時間かけなきゃいけないんだよ」

と暴言を一人で吐きまくり、

私に、👹「もうそんな仕事しなくていいから、これに印鑑押して」

「朱肉が薄くなってるみたいだからインク補充して。」

と指示してきました。

(この頃私🐷は、補充するインクの置いてある場所や、それどころか朱肉の場所も知りません)

それでも、前職さんざん印鑑を押す仕事をして、朱肉も多様な種類を扱っていたため、

🐷じゃあインク見つけて補充しますか!となりました。

そこでインクを補充すると、

👹「それ、インク入れすぎるとベチャベチャになるから!」

🐷「はい」(いや、わかってるよ、だからそっと入れたよ)

👹「ちゃんと正確な量わかってるの?大丈夫なの!?」

🐷「このインクのメーカーを扱うのは初めてで適量がわかりませんが、試し押しをしたら大丈夫でした。」

この返答にキレた👹。

👹「そんなね、こっちだってそのインクを何cc入れるかなんて測ってるわけじゃないから!

朱肉の補充ができなくて、よくも事務職やってきたなんて言えるよ。

これからどこ行ったとしても、もう事務職やってきたなんて言わないほうがいいよ!」

🐷(いやいや、今どき朱肉を扱ったことがある事務職ってそんな多くないよ。しかも補充なら余計にやったことない人多いよ。)と思いましたが、普通に

「はい、すみません」とだけ伝え、その後30分程度怒られ続けました。

私🐷の中で、この朱肉何ccは名言だと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました