土地を選ぶポイント

土地を購入する際に大切なことってたくさんありますよね。

ハザードマップ

土地を購入し、マイホームを建てるのなら安心をしたいですよね。

住宅の性能の前にそもそも土地が安全でないと。

そこでチェックする必要があるのがハザードマップ

簡単にネットで調べられます。

国土交通省が運営するハザードマップポータルサイトを貼り付けておきます。

ハザードマップポータルサイト
国土交通省が運営する、「ハザードマップポータルサイト」です。身の回りでどんな災害が起こりうるのか、調べることができます。

私が購入したと考えている地域が、地震、津波、洪水、土砂災害、地盤沈下と全てあるような地域です。

これをどのように考えるのか、全てをクリアするべきなのか考えているところです。

境界線

隣接する土地との境界線がはっきりしているのか、

地積測量図(不動産登記簿)に基づく認識がされているのか。

私はできるだけ安い土地がいいと思い、ネットで見つけ、実際見に行った時、

1件は明らかに隣の家のコンクリート塀がその土地に侵入して建てられていました。

もう1件は現地に到着した直後、隣の家のおばさまが出てきて険悪な目つきで私を見てきたので、すぐその場を立ち去りました。

後に近所の不動産屋さんに聞いたところ、そのおばさまは境界線に納得しておらず、地積測量図を見ながら話しても納得しない方で、

実際おばさまの塀などが境界線を超えているそうです。

そういった変わった方もたまにいて、

そういう理由で土地が安くなるのだなぁと勉強になりました。

建築条件

土地の広さを坪数等で見ると思います。

その際注意したいのが建坪率容積率です。

自分自身の建てたい広さが取れるのか確認しましょう。

あともう一点、セットバックです。

隣接する道路が幅4m以上の道路に2m以上接した土地でなければならない(一部区域では幅員6m以上が必要)と法律で定められています。

この4mを満たない場合、土地を後退させることをセットバックと言います。

土地が道路にしないといけないとなるとちょっとショック。

道路が狭いよりはいいのか。

土地の種類、建物の種類

用途地域と言われ、その中に市街化区域などの種類があります。

市街化区域の中にも12種類あるので、気になる土地があったら不動産屋さんに相談してみましょう。

他にも防火地域準防火地域というものがあり、建物の設備等に決まりがあり建築費用にも関係してくるのでチェックしましょう。

防火用の窓は火災だけでなく防犯効果もありますので、メリットデメリットを考えながら決めましょう。

まとめ

これだけたくさんの注意すべきポイントを仕事をしたり、家事をしたりして考えるのは困難ですよね。

まずは優先順位をつけて気になる土地は信用できる不動産屋さんや、ハウスメーカーさんのプロに相談してみるといいと思います。

私も相談してあっさり解決したことが多々ありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました